アイフル審査に通過するポイントとは?

アイフルの公式サイトには、審査は最短30分で完了すると記載されています。ただし申し込んだら無条件にすぐに審査に入ってもらえるのではなく、フリーダイヤル0120-337-137に電話をかけ急いで審査してもらえるようにお願いするのが、審査スピードを上げるポイントです。なおアイフルの審査回答可能時間帯は毎日9時〜21時ですから、申し込み後間に合うように電話しましょう。

次に現在のアイフルの審査通過率は約45%です。つまり2人に1人以上は審査に落ちることになります。まずは公式ホームページにある1秒診断で、お試し診断を受けてから申し込むのがいいでしょう。年齢・雇用形態・年収・他社借り入れの4項目の記入だけで、融資の可否が表示されます。もちろんこれはお試し診断なので可決と表示されても、実際の審査では否決となるケースも十分考えられます。

逆にお試し診断で否決となったら、実際の審査で可決となる可能性はないので止めておきましょう。ただし否決と表示されても、あくまでお試し診断なので、信用情報機関に登録されることは絶対にありません。アイフルの審査は実際のところ甘いのか?というと、問題なければ誰でも借りられると言えます。過去に金融事故を起こしていなかったり、他社からの借り入れがない・少ないなら、まずは貸してもらえるでしょう。実際年収数十万円のパートの主婦や学生でも、審査に通った例はいくらでもあります。ですから普通の方なら、安心して申し込んで下さい。

アイフルに申し込みをする時の注意点

アイフルは大手消費者金融のひとつです。一昔にチワワが目をウルウルさせて愛くるしい姿を見せていたCMで有名です。アイフルは東証一部上場企業なのですが、審査内容は銀行のキャッシングやカードローンのように厳しくありません。

アイフルの貸付条件としては、満20歳から69歳までの定期的な収入がある方、返済能力を有する方、当社基準を満たす方とあります。アイフルの審査規準としては、信用情報に登録されていないか、他社からの借り入れが5社以上ないか、過去2年間のうちに支払いが3回以上遅れていないかなどがあげられます。

この場合は論外なのですが、過去にアイフルから返済を踏み倒していたり、申込みの段階でウソをついていたりするのは確実に審査で落ちてしまいます。アイフルの担当者も単なる書き間違えなのか、故意的なウソなのかを見破ることは簡単にできますので、申込時は正確に正直に書くようにしましょう。

ちなみに、日本の法律では貸金業法の裁量規制というものがあり、貸付業者は個人の年収の3分の1超しか貸付してはならないと定められています。貸付業者とは消費者金融やクレジットカード会社のことを指しますので、消費者金融であるアイフルは該当されますので、年収の3分の1しか借り入れできないと覚えておいた方が良いでしょう。

審査申し込みをする前にチェックしよう!

消費者金融大手のアイフルからお金を借りたいと思っている人も多いかと思います。ですが、大手だからこそその借り入れの審査に通るかかなり心配になっている人も多いと思います。

なぜなら、大手の消費者金融ほど審査が厳しくなるのは当然からです。ですから、大手の消費者金融として有名なアイフルからお金を借りようと思った時はその審査に通るためにそれなりに確認しておくべき事があります。

それはまず自分が信用情報機関にブラック登録されていないという事は必須条件になります。これがアイフルのような大手の消費者金融でなく中小の消費者金融であればブラック登録されていても審査に通る可能性はあります。

ですが、アイフルほどの大手の消費者金融の借り入れの審査になれば信用情報機関にブラック登録されればほぼアウトになります。ですから、アイフルの審査に通りたいと思った時はまずはそれまでクレジットカードの支払いを含めて全く支払いの遅延を起こしていない事が必要になってきます。

もし、クレジットカードの支払いやスマホの料金を滞納した事がある人がいればその人は間違いなく信用情報機関にブラック登録されているのでアイフルの審査に通らないので、そういう事がない事を確認した上でアイフルに借り入れの申し込みをしたら良いです。

PAGE TOP ↑